記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャロムの森 紅葉の中での釣行

秋の釣行記事、忙しさに紛れて釣行記事を起こすのを失念しておりました。

11月に実はシャロムの森に行ってきました。 2回程。

****** 1回目の釣り ***********
1回目は以前からのテンカラの知り合いで、テンカラ倶楽部のメンバーでは
ないのですが、テンカラとフライもやられるSさんと一緒です。 
Sさんはこのシャロムの森が作らる時から係っておられるようで
毎年、春秋に来られて釣りを楽しまれています。

今回、Sさんにお付き合いいただき、釣り始めました。
(残念ながら、Sさん用事がおありですぐに帰られてしまったのですが)
Sさんお付き合いいただきありがとうございました。 

その後、一人での釣りを楽しみました。
このシャロムの森、自然渓流でありながら山道からすぐに渓に降りられる
という魅力ある釣場です。 以下シャロムの森のご紹介です。

【シャロムの森ご紹介】 シャロムの森 
場所:群馬県 草木ダムの少し先 
    (関越 ⇒ 北関東自動車道:「伊勢崎」を降りてから約1時間)
雰囲気:かなり山の中で、道も狭くなっってこんなところにあるの?
      という感じのところ。
   
釣場 :・自然渓流を利用した管理釣場です。 
     ・横を山道がありますので、帰途は楽です。
     ・午前中は一人500mの区間割り当てですので、邪魔されずに
      釣りに没頭できます。 午後は区間は自由のようです。      
     ・ヤマメと岩魚の渓です。(餌釣場は未確認)
     
     ・基本はフライ・テンカラのC&R釣場ですが、
      お持ち帰りができる餌釣り場もあるとのこと。

難易度:魚はかなり敏感で、ここで数釣りは難しいですね。
      シャロムで釣れたら、どこでも釣れると評判の難易度です。

【Sさんのフライは手慣れたものです】 すぐに釣り上げられました!
r_PTX16584.jpg

【紅葉の中での自然渓流での釣りはなかなかできないものです】
r_PTX16593.jpg

【尾びれが美しいヤマメでした!】(私)
r_PTX16596.jpg

***** 2回目の釣り ******
2回目の釣りは、テンカラを今年から始めた会員のカプリさんと一緒です。
カプリさんはテンカラを今年始めたばかりですので、この渓は難しいこと
お断りしてご一緒いただきました。

【アプローチは慎重に です!】
r_PTX16650.jpg

やはり、一週間前よりは紅葉は少し進んで落葉が多くなっていますね。
気温はあまり高くないのですが、陽だまりは暖かく、気持ちのいい釣ができました!
r_PTX16655.jpg

カプリさんも釣りを楽しむことができたようです。
r_PTX16652.jpg

コースはR(右)とL(左)があるのですが、我々はRを行きました。
(一週間前と同じ)

しばらくいくと、上から見るとヤマメらしきが泳いでいるのが分かります。
手前から渓に降り立ち、そっとアプロートしたカプリさん。
何度も毛鉤をポイントに落とし込みます!
  ヤマメは毛鉤近くまで近寄るのですが
  咥えようとはなかなかしませんでしたね。
結構、粘って何回も毛鉤を落とし込んだのですが、ここでは
釣り上げることはできなかったようです。

しかし、上から覗きおろしながら、毛鉤の落とし込みと魚の様子を
見ているのは面白いものですよね!

夕暮れ少し前に上がり、帰途に着きました。

秋の紅葉シーズン、自然渓流での釣りはなかなかできないもの
と思いますが、ここは別天地といっていいのではないかと思います。

来年もまたここに来たいと思っております。

これで今年の釣行は記事を皆アップさせていただきました。
ご高覧ありがとうございました。

皆様、良いお年をお迎えください!
来年もよろしくお願いいたします。

      渓祥 記









関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。